スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ペントハウスの夏』

その頃、まさか彼に子供がいるとは知らなかった。
といっても今世間をにぎわせている話題ではないです。

突然、彼の姿を見た。
もうすぐ彼の命日じゃ・・・あ、今日・・・。

まだ金木犀の香りは漂っていないので
彼のことを思い出していませんでした。
だからすっかり忘れていました、その日のことを。

最近はテレビをリアルタイムで見ることは少なくて
ほとんど録画して後から見ることが多いんですが
実はアルフィーの二人が交代で出演している
『あの年この歌 ~時代が刻んだ名曲たち~』ですが
録画したまま見ていない回がありました。

8月29日放送のバンドブームの回で
その中で『TOKIO ROCK TV』のワンシーンが流れました。
そこに映っていたのは・・・。
それで気づきました。

なぎらけんいちさんと中川勝彦、それに女性がひとり
という3人態勢での放送でした。
ゲストを招いたりPVを紹介したりという
タイトル通りのロック系の30分の音楽番組で
深夜の番組だったため
かなり自由に話していた記憶があります。

数秒でしたが番組で流れたシーンに彼のことを思い出しました。
それは、まさしく今日。
32歳で亡くなった中川勝彦。
そして今年の5月、彼の娘であるしょこたんは32歳になった。

父親が亡くなったのと同じ年齢になって
かつて父親が一緒に仕事をした人たちと仕事をして
自分の知らない父親を知っていく。
そして父親の年を越えていく。
父親が見ることの出来なかった未来を
彼女は見ていく。

『ペントハウスの夏』
このアルバムが出た年にしょこたんは生まれました。
私はこの年、彼のライブに行っています。

そして、彼のことを知ったのも
甲斐さんのラジオでした。
シングルとアルバム同時発売のデビューで
その時は、デビュー曲を紹介していたと思います。
そのあとにもアルバムの曲をかけていた気がします。

その後の彼のラジオの番組も聞いていました。
そこで初めて聞いたのかKANの『愛は勝つ』でした。

そしてメディアでの露出が少なくなったと思っていたある日
彼の病気のことを知りました。

彼がまたライブをやる日が来たら
その時はきっと逢いに行こう・・・・。
金木犀の香りの中でそう思っていた、まさしくその時
彼は雨上がりの空にかかった大きな虹を越えて行った・・・。
もう一度彼のライブに行ってみたい。
あの日の願いは、もう、かなうことは、ない。

スポンサーサイト

『きんぽうげ』

甲斐バンドの4枚目のアルバム『この夜にさよなら』に収録されています。
私が初めて行った甲斐バンドのライブで
1曲目に演奏された曲です。

そのころは発売されていたアルバムを全部は持っていませんでしたが
このアルバムは持っていました。

そしてオリジナルメンバーの甲斐バンドを見た最初で最後のライブでした。
このあとベースの長岡さんはライブ活動を休止し
結局脱退することになるわけです。
たった1度見たオリジナルの甲斐バンドのライブでした。

上手から現れた甲斐さんは
マイクスタンドを蹴り上げた。

それはちょうどあのザ・ベストテンにたった一度出演した
あの放送の直後でした。
チケットを購入したのはHEROがヒットする前だったとおもいます。

今もライブで歌われているこの曲は
甲斐さんの作詞した曲ではなく長岡さんが作詞された曲です。
作曲も松藤さんです。

そしてその長岡さんの脱退を
甲斐さんの口から聞いたのは
若いこだまだったかサウンドストリートだったか
とにかくNHKのラジオでした。

その時の甲斐さんの言葉は今でもはっきり覚えています。
そして結局言葉に詰まってしまった。
不謹慎といわれても俺は笑ってこのことを言いたかった・・・。
曲の後に甲斐さんはそう語っていた。

あれから甲斐バンドは3人になった。
しばらくして、THE BIG GIGの後に
田中一郎が参加し甲斐バンドは再び4人になった。

いまでも甲斐さんのライブで歌われている『きんぽうげ』
この曲を聞くと時間はあの頃に戻っていきます。
挫折という言葉の意味も知らなかった10代の自分に
そしてまだ私はアルフィーには出逢っていなかった。

アンジェリーナ

この曲を初めて聞いたのは
甲斐さんのラジオでした。
というかあの頃、私の聞く音楽は
ほとんど甲斐さんがラジオで紹介していたものでした。

そしてその中の一人が佐野元春で
多分初めて聞いた曲はアンジェリーナだったと思います。

そして地元のライブに行きました。
そこは初めて省吾のライブを見た会館の小ホールで
省吾の時は半分も埋まっていませんでしたが
彼の時は満席に近い感じだった気がします。

まだデビューしてそれほど経っていない頃だったと思います。
そのころはレコード店の店頭でライブのチケットを売っていました。

多分何かのレコードを見に行って
そこに掲示されていたライブ情報を見て
チケットを購入したような記憶があります。

その時は会社の同僚の人と行ったと思います。
その方は私よりは年上でしたが
そのライブのことを話したら行きたいということで
一緒に行った気がします。

ファーストアルバムは発売されていたのかもしれません。
今となっては記憶が定かではないですが
かなり盛り上がったライブだったと思います。

そのころだったか、しばらくしてだったか
佐野さんがラジオのDJをやるようになって
よく葉書も書いていた気がします。

考えると甲斐さんのラジオには
一度も葉書を書いていなかったですね。
他の人のラジオにはリクエストとか結構書いたりして
葉書が読まれたこともありました。

そういえば幸ちゃんのラジオでも
葉書だったかFAXだったか読んでいただいた記憶があります。
あれはノルソルだったかケイトラだったか・・・?
どっちにしてもかなり昔の話です。

佐野さんはサウンドストリートだったと思うんですが
ニューヨークに行くということでラジオをやめることになって
その後は彼が帰国してからも
葉書を書いたことはないですね。

あの頃の甲斐さんのサウンドストリートは
私の音楽のバイブルでした。
色々な音楽を教えて貰いました。

もちろん佐野さん以外にもいるんですが
それに関してはまた後日ということで、
きょうはここまで・・・。

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

グーバーウォーク

最近の記事

アルフィー秋ツアー

リンク

リンク

カテゴリー

Birthday

*script by KT*

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

FC2カウンター

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
6624位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
J-POP
232位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。